サービス一覧

冠婚葬祭に出席する際には、友人であっても最低限のマナーを守る必要があります。
急な不幸があっても慌てないようにしなければなりません。
遠くから駆けつける場合などは、電話で手短にお悔やみを言っていつごろ到着出来るかを伝えるようにすると良いでしょう。
また喪服もすぐに準備出来るように日頃から確認しておくと慌てなくてすみます。
家にない方は購入しておくようにしましょう。
遠方から駆けつける場合には、宿泊先の準備が必要なケースがあるので忘れないように準備するようにしましょう。
乳幼児がいる家庭では、なるべくあずかってもらってから行くのが良いでしょう。
どうしてもあずかってもらえない時には、その日の弔問は遠慮するのがマナーです。
後日自宅にお参りするなどしましょう。
冠婚葬祭は慶事と弔事が重なることもあります。
一般的には弔事を優先させるのがマナーですが、遺族側ではない限り時間が許すのであれば両方に出席しても良いでしょう。