サービス一覧

冠婚葬祭は誰しも必ず1度以上は経験していくものです。
社会人になって冠婚葬祭の時に休み、その時の取り扱いは気になったことはありませんか。
法律的な見解はというと労働法という法律上では特別休暇についての記載はなく、無給でも全く問題がなく会社の方針次第となっています。
葬式の時は忌引となり有給が発生するものだと思っていたら無給だったという例も多くあります。
亡くなった方との関係によって休まなくてはならない日数が違うと思います。
葬式だけでなく結婚式も同様です。
友人知人ならまだしも、家族や本人であればそれなりに前後含めて日数が必要になります。
冠婚葬祭における特別休暇がなくても有給申請をすることは可能です。
有給申請は本人の自由なので会社に拒否をする権限はありません。
拒否をしてしまえば、そちらは労働法違反となってしまいます。
特別休暇については会社によってルールが違いますので、自社の詳細は就業規定を確認するのが最も確実です。